春爛漫!ドライブデートへGO(石川県:氷見~七尾)

能越自動車道高岡北IC→(地方道、国道160号、二上山万葉ライン、国道415号)→雨晴海岸→(国道415号)→やうち→(国道415号、県道、国道160号)→道の駅いおり→(国道160号・159号、県道)→CAFE J,Road→(県道、国道159号・249号)→能越自動車道直津IC


走行距離:約 125.5 km 移動時間:約 172 分  所要時間:約 432 分

1能越自動車道高岡北IC

約 15 km / 約 23 分

2雨晴海岸

富山湾越しに雄大な立山連峰を望む風光明媚な海岸で、日本の渚百選のひとつに選ばれている。かつて源義経が奥州に落ちのびる際、岩陰で雨宿りをしたという伝説が残っており、雨晴という地名の由来となった。遠浅で海水が美しく、夏は海水浴場として賑わう。


所要時間:15分

約 8 km / 約 12 分

氷見漁港にほど近い寿司処。水揚げされたばかりの活きのいいネタが豊富に揃い、舌の肥えた地元客にも評判だ。氷見ならではのネタは季節によって顔触れがガラリと変わるので、その日のおすすめを聞いて握ってもらおう。


所要時間:60分

約 23 km / 約 31 分

4道の駅いおり

国道160号沿い、海に面して建つ道の駅。観光インフォメーションや特産物販売所、レストランがあるほか、高台にはケビンやオートキャンプ場が広がる。ドライブ途中の気軽な休憩やアウトドアレジャーに最適だ。道を挟んで波穏やかな海水浴場もある。


所要時間:20分

約 15 km / 約 23 分

七尾城址がある城山の中腹にたたずむカフェレストラン。大きくとった窓から七尾市街や七尾湾、能登島が見渡せる絶好のロケーションだ。パスタやサンドイッチなどの軽食が楽しめるほか、手作りケーキやパフェといったカフェメニューも豊富。


所要時間:60分

約 8 km / 約 15 分

6能越自動車道直津IC

 能越自動車道高岡北ICを出て左折、西海老坂交差点を左に折れて国道160号に出ると、すぐに二上山万葉ラインの案内板が見えてくる。標高274mの二上山の山腹を縫うように走るドライブウェイで、山頂付近で視界が開け、富山湾や能登半島のパノラマが楽しめる。二上山万葉ラインを抜けると伏木市街だ。国道415号に突き当たり左折。3~4分走ると「雨晴海岸」に到着。晴れた日には富山湾越しに立山連峰が浮かぶ風光明媚な海岸だ。

 国道415号を北上し、氷見市街へ。湊川に架かる中の橋を渡ってすぐ右折すると寿司処「やうち」がある。氷見に来たならやっぱりキトキトの海の幸に舌鼓を打ちたい。国道415号を北へ直進し、阿尾地区を経て国道160号へ。5kmほど進むと、大境漁港のそばに大境洞窟住居跡がある。

 ここからは海沿いの国道160号をひたすら北上だ。波穏やかな海と、その向こうに望む立山連峰が爽快な気分をかきたてる。大境から約12km走ると、左手に「道の駅いおり」が見えてくる。目の前に海が広がる絶好のロケーションで、ここでしばし休憩をしよう。

 国道160号を走り七尾市街に入る。川原町交差点を左に折れて直進し、国道159号の城山登山口を左折したところが、七尾城址へと続く山道。木々の間を縫うように進んでゆくと、眺望が開けたところに「CAFE J,Road」が建つ。眼下に七尾市街を一望する好立地で、特に夕暮れや夜景が眺められる時間帯がおすすめだ。七尾マリンパークはJR七尾駅前から港方面へ直進した突き当たり、能登食祭市場に隣接している。潮風を感じながら海辺を散策しよう。

 能越自動車道直津ICへは、七尾駅前を過ぎて小丸山交差点を左折、案内板に従う。