爽やかカップルにぴったり!潮風と走る能登ドライブ(石川県:能登ドライブデート 1日コース)

のと里山街道今浜IC→(一般道)千里浜なぎさドライブウェイ→(一般道、国道249号)→輪島朝市(地方道、国道249号・160号、県道132号)→七尾フッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場→(一般道、地方道、県道248号、地方道、県道258号)→のとじま水族館→(県道258号、地方道)→能越自動車道和倉IC


走行距離:約 226 km 移動時間:約 271 分  所要時間:約 230 分

1のと里山街道千里浜IC

約 0 km / 約 1分

2千里浜なぎさドライブウェイ

宝達志水町と羽咋市をまたぐ約8kmの砂浜。粒子の細かい砂が海水を含んで引き締まっているため、波打ち際ぎりぎりを車で走ることができる全国でも珍しいスポット。潮風を受けながらのドライブは格別で、夕陽が海面を赤く染める日暮れ時もロマンチック。

TEL:0767-22-1118(羽咋市商工観光課)
所要時間:10分

約 137 km / 約 150分

3輪島朝市

本町通りの両側に、獲れたての鮮魚や干物といった海産物、地元の野菜などを売る店が軒を連ねる名物朝市。元気なおばちゃん達の呼び込みの声に誘われて、あちらこちらと品定めをするのが楽しい。えがらまんじゅうなど、地元の味を買ってその場で味わうのもオツ。

TEL:0768-22-7653(輪島市朝市組合)
所要時間:40分

約 54 km / 約 80分

海にかこまれた半島ならではの新鮮な海産物をはじめ、能登の銘産品をショッピングできる「生鮮市場」や「銘産・工芸館」、能登の祭りを体感できる「祭歳時館」、能登の美味を楽しめる「グルメ館」がある。 大好評の浜焼きコーナーでは、館内の魚屋でお好きな魚介類を買ってその場で焼いて食べることもできる。

TEL:0767-54-0660
所要時間:60分

約 18 km / 約 20分

七尾湾に浮かぶ能登島に位置。平成20年4月に海の自然生態館に自由気ままに泳ぐ愛らしい姿が見られる「アザラシの万華鏡」と、さまざまな海藻が茂る大水槽をスナメリの親子が泳ぐ「スナメリと海藻の海」の新水槽がオープン。さらなる人気を呼んでいる。

TEL:0767-84-1271
所要時間:120分

約 17 km / 約 20分

6能越自動車道和倉IC

能登半島の海岸線をたどり、爽やかな潮風や変化に富んだ景色、新鮮な魚介を楽しむコース。まずは、のと里山街道今浜ICを降りて左折。茂みが途切れた先に突然現れるのは真っ青な海!続く白砂の海岸が「千里浜なぎさドライブウェイ」だ。波打ち際を走る時は窓を全開にして潮の香りや心地いい風も満喫しよう。

 

ドライブウェイを完走したら、のと里山街道の高架をくぐり、約1km先のT字交差点を左折し、国道249号へ。ここからは約130kmひたすら道なりに直進する海あり山ありのドライブ。休憩なら約15km先にある道の駅ころ柿の里しかや、約23km先にある道の駅とぎ海街道がおすすめ。輪島市内に入ったら稲荷町信号を右折して新橋を渡り、河井小前信号を左折して海まで直進し、朝市駐車場に車を停めよう。

 

特産品や地元の味を楽しんだ後は、県道1号七尾輪島線輪島道路を南下。約30km先で国道249号に合流し、七尾湾の海岸線を走ろう。田鶴浜駅前から再び県道1号に入り七尾市街へ。国道249号と合流した先にある駅前信号を左折し、約700m直進すれば「まいもんどころたぶ屋」がある七尾フッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場に到着だ。食後は観光船かしまづで海上散歩をするのもいい。

 

昼食後は七尾フッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場前の府中町信号を右に進み、県道1号を約5km直進。右手にのと鉄道七尾線和倉温泉駅が見えたら駅前信号を右折し、国道248号へ。約800m先の温泉東信号を右折し、180度七尾湾の眺望が広がる能登島大橋を渡り、右手に海を眺めながら案内看板にしたがって約14km進むと、「のとじま水族館」に到着だ。

 

帰りは和倉温泉駅前まで戻り、駅前信号を右折。約400m先の温泉西信号を左折して、約2km先の和倉ICを目指そう。