格子の風情あふれる街並みをそぞろ歩き(石川県:ひがし茶屋街コース)

北陸自動車道金沢東IC→(国道8号、県道、国道159号)→志摩→(地方道)→懐華樓→(地方道)→福嶋三絃店→(国道159号、県道、国道8号)→北陸自動車道金沢東IC


走行距離:約 10 km 移動時間:約 25 分  所要時間:約 90 分

1北陸自動車道金沢東IC

約 5 km / 約 10 分

2志摩

文政3年(1820)建造のお茶屋の内部を一般に公開している。約30年前まで実際に営業されており、現在は金沢市指定重要文化財。一般の町家とは違い、芸を披露する部屋を備えているなど、遊興の場としての独特の作りが興味深い。庭を眺めながらの抹茶席もある。

所要時間:30分

約 0 km / 約 1 分

旧茶屋「越濱亭」をさまざまな趣向を取り入れて改装。艶やかな朱塗りの大階段は、往時の茶屋街の賑わいを彷彿とさせる。草木染めの畳敷き座敷や、ガラスのオブジェを置いた坪庭、現代作家の襖絵を配した2階座敷など、斬新な手法で作り上げた妖艶な世界に浸りたい。見学後は、甘味メニューが味わえる喫茶で一服を。

所要時間:30分

約 0 km / 約 3 分

4福嶋三絃店

藩政時代から続き、現在は4代目が伝統を受け継ぐ三味線の製造販売店。お店の二階では、三味線の演奏に挑戦できる。バチさばきなど丁寧に指導してくれるので、練習曲の「さくらさくら」程度なら、終わりまでなんとなく弾けてしまう。茶菓子をいただきながら、三味線作りの苦労話などそれとなく聞いてみても面白い。

所要時間:30分

約 5 km / 約 10 分

5北陸自動車道金沢東IC

 北陸自動車道金沢東ICから国道8号へ下り、田中交差点を左折。約3km直進し東山交差点を右折。直進約200m左側に東山観光駐車場があるので、ここに車を停めてひがし茶屋街へ。

 

 東へ続く路地を約100mほど歩くと、石畳に格子戸の町家が並ぶ茶屋街に到着。入口には、芸妓衆の踊りの稽古場所である検番が立っている。この通り沿いには、「志摩」、通り右側に面して「懐華樓」がある。ほかにも日本茶専門の喫茶など個性的なショップがたくさんあるので、ゆっくりと見て回りたい。また、通りを歩く姿もぜひ旅の記念に撮影しておこう。

 

 「福嶋三絃店」は、検番前から浅野川方面へ歩き、突き当たりを右折すると通り沿い左側にある。店頭に飾ってある三味線が目印。間違えて浅野川沿いの道まで行ってしまったら、その1本手前の道まで引き返すこと。昔ながらの米穀店や味噌醤油店が立ち並ぶ通りは、下町風情が漂っている。

 

 帰りは、もと来た道をそのまま行けばOK。夕方は混雑するので、なるべく時間をずらして走行したい。