夢二ゆかりの金沢の奥座敷を訪ねて(石川県:湯涌温泉コース)

北陸自動車道金沢西IC→(西インター大通り、国道157号)→金沢湯涌夢二館→(地方道)→薬師堂→(地方道)→湯涌温泉総湯白鷺の湯→(国道157号、西インター大通り)→北陸自動車道金沢西IC


走行距離:約 44 km 移動時間:約 114 分  所要時間:約 120 分

1北陸自動車道金沢西IC

約 22 km / 約 50 分

竹久夢二の世界を「旅」「女性」「聖書」の視点から紹介。作品や年譜、愛用品などを通じて、夢二の生涯を彩った3人の女性や、湯涌温泉との関わりについて詳しく知ることができる。館内のミュージアムショップには、オリジナル夢二グッズが豊富に揃う。

所要時間:40分

約 0 km / 約 2 分

杉林の中に立つ本堂には、温泉開湯の祖・泰澄大師作といわれる薬師如来像を安置。竹久夢二と恋人の彦乃がよく散歩に訪れた場所でもあり、境内には彦乃への思いを詠んだ歌碑が残る。一角には、湯涌温泉の地名の由来となった源泉臼もある。

所要時間:20分

約 0 km / 約 2 分

湯涌温泉の共同浴場。大正ロマンの香り漂う建物は、全館バリアフリー設計。寝湯を備えた石造りの男湯、半露天風呂を備えた総檜造りの女湯があり、入浴後は広々とした湯上りサロンでゆっくりくつろげる。

所要時間:60分

約 22 km / 約 60 分

5北陸自動車道金沢西IC

 北陸自動車道金沢西ICを出て、松島北交差点から西インター大通りを南東へ直進。野町広小路交差点を左折し国道157号に入り、香林坊交差点を右折。そのまま直進し兼六園横の広坂を上る。厚生年金会館前を過ぎたら学院前交差点を右折し、金沢湯涌福光線を約11km直進。土清水交差点を左方向に、このあたりから緑深い山々の景観が眺められ、快適なドライブコースになる。その後は案内看板に従い右折し、直進約600mで湯涌温泉中心部へ。

 

 温泉街には小ぢんまりとした宿が立ち並び、懐かしい湯の町情緒にあふれている。車は、湯涌温泉バス停近くの湯涌温泉観光協会前の駐車場に止めて、散策を楽しもう。ここから「金沢湯涌夢二館」までは徒歩5分。

 

 「薬師堂」は夢二館横の階段を上るとすぐ。「湯涌温泉総湯白鷺の湯」は夢ニ館に隣接している。

 

 帰路は、来た道をそのまま引き返せばいい。時間があれば湯涌温泉に宿泊し、「金沢湯涌創作の森」でさまざまな工芸体験にトライする1泊プランも考えてみたい。