各時代のヒーローを訪ねる(石川県:加賀~金沢レンタカーコース)

小松空港→(国道360号、地方道)→安宅の関→(一般道)→ラ・ヴィーヴ→(地方道)→松井秀喜野球の館→(北陸自動車道、一般道)→金沢城公園→(一般道)→卯辰山→(一般道、国道159号、地方道)→JR金沢駅


走行距離:約 43.5 km 移動時間:約70 分  所要時間:約 22.0分

1小松空港

約 3 km / 約 5 分

2安宅の関

安宅海岸に残る関所跡。歌舞伎十八番のひとつ、「勧進帳」の舞台として有名。源頼朝に追われて奥州へ逃げのびる義経、弁慶の一行と、関守富樫氏が描く物語で、海に面して3人の銅像が立つ。周辺の松林の中に遊歩道が整備されている。

所要時間:30分

約 2.5km / 約 5 分

大リーグでも大活躍した松井秀喜選手の実家横にあり、ユニフォームやバットなどの愛用品や記念品が所狭しと並んでいる。展示品は300点をゆうに越え、見ごたえ充分。帽子やTシャツなどの松井グッズも販売されており、ファンには見逃せない。


所要時間:30分

約 32 km / 約 40 分

4金沢城公園

加賀百万石の中枢だった金沢城跡を利用した公園。金沢城は加賀初代藩主前田利家が改修し、以来前田家4代の居城として威容を誇った。平成13年には菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓が復元され、石川門などの遺構とともに往時の栄華を物語っている。


所要時間:60分

約 3 km / 約 10 分

4卯辰山

金沢市街の東部に連なる卯辰山は、手頃な散策・ドライブコースとして人気のエリア。自然溢れる公園が広がり、四季折々に美しい。また望湖台からの眺望は抜群で、夜景も見事。藩政期には、金沢城を見下ろすという理由で市民の登山が禁じられていたという。

所要時間:30分

約 3 km / 約 10 分

6JR金沢駅

  小松空港周辺のレンタカーを利用して、石川県の時代のヒーローゆかりの地を訪ねてみよう。空港周辺にはトヨタ、オリックス、日産、マツダ、ジャパンの各レンタカー会社があり、あらかじめ連絡しておけば空港まで向かえにきてくれるところもある。料金は、コンパクトクラスで12時間5250円~、24時間6825円。レンタカーを借りたら、国道360号を小松IC方面に向かい、浮柳町交差点を左折。約1kmで、源義経ゆかりの「安宅の関」に到着だ。

 ここからはすぐそばを流れる前川の住吉橋を渡り県道25号の小島町信号から左折。約500mで案内看板があり長崎中の信号を左折すると「松井秀喜ベースボールミュージアム」が見えてくる。

 ここから金沢市内へは、北陸自動車道利用が便利だ。小松ICから約17分の金沢西ICをおりると国道8号に合流するのでそのまま2kmほど直進する。この辺りからは交通量が多くなるので慎重な運転を心がけて。示野中町信号を右折し、犀川沿いを進む。金沢市街中心部の片町スクランブル交差点を過ぎ、鱗町交差点を左折。左手に「金沢城公園」、右手に兼六園が見えてくる。駐車場は兼六園を過ぎてすぐの兼六園下交差点南東角にある県営兼六駐車場を利用しよう。時間があれば、兼六園を観光してもいいだろう。

 駐車場を出て橋場町方面へと進み、クランク道を過ぎた大手町信号を右折。道なりにカーブを上ってゆくと「卯辰山」に到着だ。望湖台からの夜景は素晴らしく、ドライブの締めくくりには最高。

 大手町交差点まで戻り右折、橋場町交差点を左折するとJR金沢駅東口だ。レンタカー営業所がある西口へは、本町2交差点を右折する。乗り捨て料金が発生する場合もあるので、あらかじめチェックしておきたい。