白山麓を満喫!バーベキューと体験を楽しむ
(石川県:キャンプに行こう!白山麓)

北陸自動車道小松IC→(県道25号、国道360号)→ガラス工房蕾→(国道360号・157号、県道33号)→白山天望の湯→(地方道)→緑の村→(県道33号、国道157号・360号、県道178号)→にわか工房→(県道178号、国道360号、県道25号)→北陸自動車道小松IC


走行距離:約 98 km 移動時間:約 130 分  所要時間:約 210 分

1北陸自動車道小松IC

約 30 km / 約 30分

ご夫婦ともにガラス工芸作家である内藤さんの工房。作業の様子を見学することができる。熱く溶かしたガラスを吹きながら作る吹きガラスや、吹きつけた砂で鏡に絵を書くサンドブラストといった体験コース(要予約)でオリジナル品作りに挑戦してみよう。


所要時間:60分

約 0 km / 約 0 分

雄大な自然を眺めながら入浴できる露天風呂が人気。白峰温泉の源泉を100%使用した湯は無色透明。美肌に効果があるといわれ熱心に通う女性も多い。天然岩を使った岩風呂と、木の香りが漂う桧風呂の2種の浴場があり、週毎に男女の湯として入れ替わる。


所要時間:60分

約 16 km / 約 20 分

4緑の村

白山まるごと体験村内にあるキャンプ場。360度緑に囲まれた場内には50のテントサイトや常設テントが用意されている。また貸し別荘形式のコテージは8~20人まで宿泊でき、電気、水道、炊事用具や寝具も完備。アウトドア初心者やグループにおすすめだ。

約 34 km / 約 60 分

地域運営型の農業体験施設。鳥越地区で収穫されたそば粉を使ったそば打ち体験が人気だ。講師は本場、福井県越前で腕を磨き「そば匠」の認定を受けた地元のお母さんたち。食事のみの利用ができるそば処もあり挽きたて、打ちたての二八そばが味わえる。

所要時間:90分

約 18 km / 約 20 分

6北陸自動車道小松IC

 小松市内から白山麓を巡る1泊2日のドライブ。まずは岐阜県、福井県との県境、白峰地区を目指そう。北陸自動車道小松IC出口を右折し、城南町西交差点を左折し小松市街へ。国道8号との交差点、園町信号を直進し国道360号で旧吉野谷村へ向かう。トンネルを3つくぐりながら走ること約20km、下吉野の信号を右折し、すぐ左折。吉野工芸の里の一角に「ガラス工房蕾」がある。一帯は緑が美しく紅葉の名所でもあり、風景もしっかり楽しめる。

 

 熱いガラスを思い切り吹いて汗をかいたら温泉へ向かおう。国道360号に戻り、約9km先の瀬戸野信号を右に進む。トンネルが連続する手取湖のほとりを走り、白峰トンネルを越える。約1.5km先にある白峰信号を左折して約2km。白山まるごと体験村の中に「白山天望の湯」がある。

 

 今晩宿泊する「緑の村」も白山まるごと体験村内。屋根付き専用テラスでは天候に関係なくバーベキューが楽しめる。

 2日目は「にわか工房」でそば打ちに挑戦しよう。10時のコースを予約しておけば昼ご飯に自分で打ったそばが味わえる。手取湖畔の国道157号を戻り、瀬戸野信号を左折。約1km進み右手にガソリンスタンドが見えてきたら左手の坂を下ろう。手取川に架かる赤い橋、対山橋を渡り突き当たりを右折し県道178号を約2km走れば到着だ。ちなみに対山橋から約8kmは切り立った岩肌が続く手取峡谷。橋の上では少しスピードを緩めて景色を楽しんでみよう。

 

帰りは、にわか工房から県道178号を左に進む。釜清水交差点を左折すれば国道360号に出られるので往路を逆に進めば北陸自動車道小松ICだ。